ブログの写真

2018年11月 1日

"介護ボランティア"

 

 「介護ボランティア」という言葉はもう死語でしょう。学生であっても、ヘルパー、アルバイトとして関わることがほとんど。交通費も弁当代も負担して介護も無償で担う"活動"というものは、今の若者には想像もできないかも知れません。若者の意識のなかで、毎週〇曜日の〇時からは"介護"といった"拘束""負担"は忌避すべき対象と化しています。

  福祉制度の功罪は置くとして、介護ボランティアは大昔のことではありません。まだ学生だった30年前はそれが普通でした。ボランティアとは何か、その責任はどこまでなのか、ボランティア活動は自身の生活の一部なのか、区別すべき対象なのか。夜が明けるのも忘れ、議論したことでした。今思えば、気恥ずかしい議論もありました。

  そんな時代を描いた「こんな夜更けにバナナかよ」は大宅壮一ノンフィクション賞(2004年)を受賞。もう10年以上も前となりますが、読みながら、うんうんと頷いたり、笑ったりしたことでした。その同作が映画化。なんと大泉洋さんが障害者役とのこと。今から楽しみにしています。ヒット作となりますよう。(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時12:48 | パーマリンク

2018年10月23日

18年ぶり

DSC05965.JPG

 18年ぶりの訪問。2000年にワーキングホリデースタッフとして活躍してくれたベ・ヒョンソンさんが、中学生の娘さんと来日。デーセンター夢飛行に足を運んでくれました。
 2000年というと、私たちが外国人青年の受け入れをスタートした頃のスタッフです。当時はいろいろな出来事もあり、私にとっても思い出深いスタッフの一人です。当時は今の場所ではなく、まだ狭い狭い夢飛行でした。
 「最近は日本語を使うことも減った」と話す彼ですが、なかなか。ただ、年頃の娘さんの扱いには困っているようで、これは万国共通とお互い苦笑したことでした。
 こうして20年近い時間を経て訪ねてくれること。感謝の言葉以外に見つかりませんでした。(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時16:25 | パーマリンク

2018年10月 1日

Rebirth

 

 ドイツ人ボランティアのベラ君の作品。近年稀にみる高評価だった彼は先日帰国。置き土産です。(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時15:36 | パーマリンク

2018年9月29日

おかえりなさい。

DSC05934hp.jpg

 5月に出産したソフィーが赤ちゃんを連れて遊びに来てくれました=右端。
 ワーキングホリデーでドイツから来日、デーセンター夢飛行やことのはで働いていましたが、日本人男性と結婚。大阪で新しい生活をスタートさせました。
 勤務中の外国人スタッフも2人ともドイツ人女性。赤ちゃん・芽衣ちゃんを興味深そうに見つめていました。
 
 まだ雨漏り対策をしている施設内ではありましたが、赤ちゃんの鳴き声がうれしく響くひと時でした。(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時14:13 | パーマリンク

2018年9月29日

なんとか...

DSC05902hp.jpg

 屋根、できました!!まだ不完全ではありますが、雨漏りは大きく改善。台風24号の接近に焦りを感じていましたが、職人さんたちがスケジュールの合間を縫って駆けつけてくださり、突貫工事で間に合わせてくれました。

 今朝は雨模様でしたが、久しぶりに雨漏りの音がしない施設を歩いて、思わず笑みが漏れました。

 多くの方のご協力があっての屋根です。(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時14:07 | パーマリンク

2018年9月22日

ミーティング

DSC05865hp.jpg

 雨漏りの続くデーセンター夢飛行でのミーティング。利用者さんのこと、日々の改善、来月の予定、台風21号の被害、今後など様々なことを話し合いました。たいへんな状況は続いていますが、この場にいられること、考えられること、その空気を吸えること、そのことは良しとしたい自身がいます。(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時09:14 | パーマリンク

2018年9月12日

台風21号の被害について

DSC05724hp.jpg

DSC05715hp.jpg

20180904_163607.jpg

DSC05816hp.jpg

 先日の台風21号は近畿に大きな被害をもたらしました。被災された方々にお見舞い申し上げます。当法人も大きな被害を受けました。西成区の施設では、鉄骨・鉄板の大きな屋根が吹き飛ばされ、前面道路に落下。停電が発生しました。12日現在も雨漏りで施設内が大変な状況が続いています。
 またフリースペース"Tamariba"でも長いテントが落下しました。港区の施設では送迎車のドアガラスが割れました。
 ブルーシートで屋根を覆うなど応急処置を取りながら、ギリギリの状態で活動を継続しています。

 一方、多くの方々からお気遣い、またご声援をいただいています。ブルーシートが店頭から消えたため、提供を呼び掛けたところ、なんと、岩手県一関市の「NPO響生」さんから10メートル四方、3パックが届きました。東日本大震災の被災地支援の際にお世話になったNPOさんです。道路を塞いでしまった大きな屋根の撤去では、多くの業者さんの協力で1日で作業が完了しました。信じられない気持ちでその作業を見守り、涙が出てきました。

 しかし、何とも暗澹たる気持ちにさせるのはこんな時も行政です。「雨漏りがひどい。一時的に使用できる場所はないか」と尋ねたところ、「被災証明は総務課で」と。???。私が怪訝な表情を見せると、「保険で修理とかする際に必要でしょう」。
 
 こいつマジか?と怒る気持ちを抑え、「建物の修理はこれから。まずはこの雨をしのぐ場所が必要なんです」と説明しましたが、今度は「利用者が施設に通えないなら、ご自宅で過ごすためのヘルパー時間数を増やします」。この緊急事態に、平時ですらヘルパーが確保が困難な重症心身障害者の方々なのです。役人に「いざ、鎌倉」の気概を求めることは土台無理なのでしょうか...。

 少子化で子供が減り廃校となった小学校は西成区には多数あり、その有効活用を提案しても、「そんな制度はないので」。

 ・・・。

 スタッフは皆、一日も早く活動を正常化しようと懸命です。長丁場となりそうですが、どうぞご声援のほどよろしくお願いいたします。(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時12:12 | パーマリンク

2018年8月 2日

韓国・水原市から

 

 韓国・水原市の教会から中学生らの訪問を受けました。歌やダンス、演奏あり。一生懸命の姿に、こちらもしばし暑さを忘れた時間を過ごすことができました。
 いつもお世話になっている近くの教会からのご紹介でした。夏休みを利用しての訪問。さて、私たちの活動は彼らの目にどのように映ったでしょうか。(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時16:21 | パーマリンク

2018年7月27日

「うまれる ずっと いっしょ」上映会 8月4日(土)・5日(日)

 

 昨年好評だったドキュメント映画「うまれる」の第2作です。
  さまざまな生と死、そして家族...。人と人との関係がわずらわしさによって語られる昨今、自身の生の意味をある側面から考えてみる機会となるような気がします。 
 「うまれる ずっと いっしょ」上映にどうぞお越しください。

   ◆上映会◆  日 時  2018年8月4日(土) 13:00から 18:30から 
                 8月5日(日)13:00から 16:30から  計4回上映
           場 所  フリースペース"Tamariba"
                  大阪市西成区岸里3の8の25
                 大阪メトロ「岸里駅」「天下茶屋駅」徒歩8分
                 南海電車「岸里玉出駅」徒歩3分
                  入場料 1000円 
          ※ スクリーン、音響はホームシアターベースです。ご理解ください。

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時12:57 | パーマリンク

2018年6月29日

LIGHT UP NIPPON -日本を照らした奇跡の花火

 

 東日本大震災では、岩手県へスタッフを派遣し支援・交流を行った私たちでしたが、知りませんでした。

 皆を勇気づけ、復興、鎮魂をと東北太平洋沿岸10ケ所での同時の花火打ち上げがあったとは。そのドキュメンタリー映画「LIGHT UP NIPPON -日本を照らした奇跡の花火」の上映会です。どうぞお越しください。

  ◆上映会◆  日 時  2018年7月7日(土) 13:00から  18:30から  2回上映
           場 所  フリースペース"Tamariba"
                大阪市西成区岸里3の8の25 
               大阪メトロ「岸里駅」「天下茶屋駅」徒歩8分
               南海電車「岸里玉出駅」徒歩3分
           入場料      1000円 
          ※ スクリーン、音響はホームシアターベースです。ご理解ください。

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時09:46 | パーマリンク

WINGのサイトはコチラ
2011年3月以前の記事はコチラ

検索

ブログの検索