ブログの写真

2017年9月 9日

「銃・病原菌・鉄」

DSC04805.JPG

 ニューギニアである友人が問うた言葉。「私の周りには、あなた方が持ち込んだ多くの物があるが、その逆はない。なぜか」。その問いに答えた大ベストセラー人類史「銃・病原菌・鉄」(ジャレド・ダイヤモンド著)をやっと読みました。お読みになった方も多いかと思います。私は長い時間がかかってしまい、やっと(涙)

 東西にのびるユーラシア大陸が、食料化できる野生植物、家畜化できる野生動物に恵まれ、発展できるだけの人口を確保できたというのが概要ですが、さまざまな科学分野から人類の歴史が語られ、ふむふむとうなづく一方で、なんとなくむなしくもあり。

 この手の本を読みと、いつも「いったい、この人類史のなかで、私たちの存在は何なのか」と思ってしまいます。ま、誰しもそう思いますよね。ダイヤモンドは、例え我々が知る英雄が何か別の判断をしていたとしても、現在の人類史の方向性に変化はなかっただろうと言います。そうでしょうね。ビル・ゲイツやジョブズがいなくても、今のネット社会は存在したでしょうから。

 シェアハウス前の公園から見た青空は、今も昔も同じなのでしょうか。家も電柱も人間もいなくても青空は青空として存在していたでしょうか。(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時17:16 | パーマリンク

2017年9月 9日

韓国障害者開発院政策研究室から

DSC04797.JPG

 韓国障害者開発院政策研究室から研究員3名の研修受け入れを行いました。
 日本で言うところの厚生労働省の外部研究機関のようなところだそうです。

 この日は、日本の福祉制度や法人の活動内容などについてスタッフが韓国語でレクチャー。その後、移動用リフトに体験試乗したり、利用者さんのアート活動に参加いただきました。通り一遍の見学に終わらず、利用者さんを感じてもらえる研修をと工夫を凝らす「パラム・クム」(国際福祉研修交流事業)です。

 「日本のいくつかの施設を見ているが、こんな風に活動に一緒に参加したのは初めて。とても印象に残りました」との感想が。(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時17:00 | パーマリンク

2017年9月 9日

秋刀魚


DSC04781.JPG

 寿退社という言葉もそろそろ死語に?? 退職して北陸で結婚を予定する女性スタッフの送別会。
退職は残念ですが、それでも新たなスタートということで無理に納得です。

 持ち込まれたサンマを大量に焼いたため、フリースペースにかなりの臭いが残ってしまい...(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時16:53 | パーマリンク

2017年8月18日

大相撲

 

 「大相撲ー西成場所」。なかなかの出来栄え、楽しそうです...。力士のなかには、スタッフらしきものも。その姿が何とも...(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時11:15 | パーマリンク

2017年8月18日

シカゴ研修報告会

DSC04755.JPG

 大阪市と米国シカゴ市は姉妹都市。そのシカゴに「大阪市社会事業従事者研修・交流プログラム」に参加したスタッフによる報告会を開催しました。
 社会福祉に文化差があることは当然ですが、例えば、日本では福祉のボランティアに参加する動機が「社会に貢献したい」「人の役に立ちたい」といった他者的であるのに対し、アメリカは「喜びを感じられるから」といったものであるとのスタッフの指摘には多いにうなづく点がありました。これはおそらくボランティアだけでなく、スタッフにも当てはまることだろうと思います。
 研修では、ドイツやモロッコ、中国など世界各国からの社会福祉関係者とも交流したとのこと。一回り大きくなっての帰国。今後の活躍が期待できそうです。(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時10:59 | パーマリンク

2017年8月18日

朝の食卓で

 朝の食卓。朝刊を広げて、あっと思わず声が出ました。

 ウクライナの「キエフ国立バレエ学校」の芸術監督である寺田宣弘さんを取り上げた記事。外国人として初めて同校の芸術監督に就任し、ソビエト崩壊後の荒廃した母校再建に取り組む様子が紹介されていました。

 https://mainichi.jp/movie/video/?id=119768596

 実はまだ中学生だった彼に会ったことがあります。当時新人記者だった私は京都支局勤務。古都つながりで京都とキエフは姉妹都市。チェルノブイリのその後や交流事業の取材のためにキエフを訪ねました。寺田さんは当時、中学生ながらそのバレエ学校に留学していたのです。

 彼はあれからずっとキエフでバレエを学び、激動の時代を彼の地で過ごし、さらに母校再建に奮闘していたのです。アジア人の彼がどのような苦労をしたのか、そのひとつひとつはわからなくても、困難に次ぐ困難だったことは想像に難くありません。その時間を思うと自堕落な自身を恥じ入るほかなく、朝から「もう少しがんばらないと...」なんて、あぁ、私はなんと単純。

 それにしてもIT企業等のサクセスストーリーに魅せられ、転職=ステップアップのような錯覚に陥る人間も多いなか、"ひとつ"に関わる時間をもっと大切にしてくれたらと感じることが最近しばしばです。

 大リーグなどでは、球団を渡り歩く選手は「journeyman」とある種の尊敬の念をもって呼ばれるそうですが、"ひとつ"のこと、場所に没頭し、何かを為そうとすることだってサクセスストーリーになるはず。それはカッコ悪いのか?

 「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」

 日本にだっていい言葉あるやんと思って、あ、なんか、文意ずれたなとまた反省。(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時10:56 | パーマリンク

2017年8月18日

コーラス

 

 韓国から教会コーラスの訪問を受けました。韓国語の歌詞だけでなく、日本語でも。練習いただいたんですね。清涼なひととき。ありがとうございました。(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時10:52 | パーマリンク

2017年8月18日

ICHIROU「いっちー」展 galerie"見る倉庫"

DSC04758.JPG

 2015年第14回きらきらっとアートコンクール優秀賞受賞のICHIROUさんによる個展開催中です。
尼崎からの出展。galerie"見る倉庫"で9月2日(土)まで。入場無料。

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時10:47 | パーマリンク

2017年8月18日

社会福祉法人ゆうのゆう 役員

社会福祉法改正に伴い、役員、評議員が新たに選任されました。どうぞよろしくお願いいたします。

【理事】

 ・小林美穂(施設管理者) ・菅野眞弓(外部法人) ・斎藤真弓(西成区・医師)

 ・広本三枝子(家族会会長)・工藤涼二(弁護士・元裁判官)・大槻瑞文(外部法人)

【監事】

 ・永田徹(弁護士) ・大石真也(会計士)

【評議員】

 ・朴君愛     一般財団法人アジア・太平洋人権情報センター 研究員

 ・柳川敏美    大阪市教委インクルーシブ教育推進室 統括

 ・西森年寿    大阪大学人間科学研究科 准教授

 ・三木仁志    西成区・歯科医

 ・黒木郁子    家族会副会長

 ・山川眞由美   家族会副会長

  ・仲畑美津子   家族会副会長

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時10:42 | パーマリンク

2017年7月24日

SANKA

DSC04725.JPG

 galerie"見る倉庫"は、8月12日まで「オトナたちのSANAK展」を開催中。
 今回は支援学校で美術を教える先生方による作品展です。(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時20:31 | パーマリンク